遊泳ログ

泳ぐことの楽しさや日々の指導の中の出来事をお伝えしていきます。

遊泳 姿勢のお話し

あやひさです

f:id:hisayo-sion:20170412133854j:plain

 

本日は昨日の続きで、姿勢のお話し

 

姿勢といえば、

昨日、浅田真央選手の引退が報道されていましたか、浅田選手がソチオリンピックの前に佐藤コーチに師事し、姿勢の基礎を一からやりなおしていた事が印象的です。

 

遊泳する時も姿勢が一番大事で

体幹、軸が少しズレるだけで変わります。

 

実際、私のクラスにも他のスクールから変わってきた子が多数いますが、基礎練習が足りない、姿勢を言われてないと思われます。

 

どうするかと言うと

基礎練習を徹底的に反復してやります。

 

遊泳で言う基礎練習とは

板キック、けのびキックなどです。

板キックはビート板を使った練習で

上半身が水面に出ているので、足に負荷がかかり

その事て泳ぐ姿勢が作られていきます。

 

板キックを見れば

その子(人)の泳ぎが想像できます。

ビート板を握りしめ沈めながらキックするとか、

頭か左右に揺れるなど

 

基礎練習の段階でコーチがしつこく言ってあければ治るのになぁと私はいつも思いながらレッスンしてます。

 

もう一つ日頃教えていて思う事が

子供達の身体の硬さが、半端ないなぁと思ってます。

補助したら、その子の運動してるかどうかすぐにわかります。

 

私が教え始めた頃、あそこまで足首が硬い子はいなかったなぁと記憶してますね(^_^)

身体が硬さはケガの元です。

ストレッチ(動的・静的)をやりましょう。

 

 個人レッスンもやってます。

是非ご覧ください

泳げるのがうれしくて | どんなカナヅチも1週間で必ず泳げます。