遊泳ログ

泳ぐことの楽しさや日々の指導の中の出来事をお伝えしていきます。

遊泳の初歩 顔つけ編

あやひさです。

 

今日は遊泳の初歩の初歩、顔つけについて書いてみます。

 

遊泳(水泳)する為には、顔つけは必須です。

が、これが最初の難関で嫌々つけると鼻に水が入る、口に入るそしてもっと嫌になるの悪循環。

 

簡単です。おでこからつけて下さい。

そうする事で鼻から水を入れずに顔つけができます。

 

幼児の場合は、おでこだけとか鼻をつまんでとか徐々におでこから水につけていく過程ができれば、水慣れが早くできます。

 

なぜおでこからなのか?

答えは鼻の穴は下に向いているからです。

 

水が嫌いや恐いと思っている方は、ほとんどかアゴがあがり鼻の穴が下を向いているのに、アゴをあげて顔をつけようとします。

 

おでこからつける事ができれば、水の流れは鼻に入る事がないので、スムーズに顔をつける事ができますよ。

 

水が恐い方や鼻に水が入るなど、子供さんが顔つけできないなど、お悩みの方は簡単にお風呂や洗面器などでできますので、やってみて下さい。

 

私の担当クラスの幼児の子供達はほとんどが顔つけできない状態でお預かりしてます。

が、おでこからの顔つけの習得で自然に泳ぎをマスターしていきます。

 

これができたら次は呼吸を止めるです。

水泳では息を吐きなさいと教わった方も多いかと思いますが、

私が教える順番としては顔付け⇒呼吸止め⇒息を吐くです。

 

なぜこの順番かは、明日詳しくお伝えしますね。

 

個人レッスンも やっています。

興味のある方は是非ご覧下さい。

 

http://uresikute.com/

http://uresikute.com/